ハイローオーストラリアで午前中だけで273万円増えた

先日より「今のEA運用の利益率とは別途に、あと月利10%増やしたい」ということで、ハイリスクハイリターンの金融商品であるバイナリーオプションに着目をし始めました。

バイナリーオプションといっても国内・海外で様々ですが、
今回着目したのは、日本国内での利用者が多くとされている
ハイローオーストラリアのバイナリーオプションです。

オーストラリア金融サービス業ライセンス(ランセンス番号大第364264番)しているものの、その実態はおそらく顧客の資金を呑んでいると思われるため、運用リスク…というよりも、出金リスクが高いことが考えられるため、一度は敬遠することを考えました。

しかし、試しに資金100万円からデモ取引を行ってみたところ、
バイナリーオプションは「勝てる」けど「稼げない」?の記事のとおり、
昨日は、たったの10分程度で105万円に増やすことに成功

そして、

今日は午前中いっぱい、本気で試してみたところ、
100万円を373万4000円に増やすことに成功してしまいました。

ハイローオーストラリアで増えた

手法は昨日行ったものと同じく、
以前に私の「裁量トレードの師匠」から教えてもらったとおり、

レンジ相場でもトレンド相場でも関係なく、
上がっているときに下がった瞬間に買い、
下がっているときに上がった瞬間に売り

ということを、
トレードビューのMT4の1分足チャートを見ながら繰り返しただけです。

トレードビューのMT4

今日の午前中の米ドル円は、
30分足レベルではレンジ、
5分足レベルでは上昇トレンド、
1分足レベルでは下落・上昇・下落、
という局面でしたが、

全て米ドル円の1分足チャートを見るだけで対応できました。

というのも、昨日も書きました通り、
このハイローオーストラリアのバイナリーオプションの場合は、
「結果が同値だった場合には負け判定」ということ以外は、
スプレッドを気にする必要がないんですよね。

ですから、目先の上がりやすい・下がりやすいだけに着目すれば
とても簡単にバイナリーオプション(ハイローオーストラリア)に
勝ててしまいます。

この点、普通のFXトレードの場合は、スキャルピングでも、
30秒間隔の売買を繰り返してしまったら、
必ずスプレッド負けしてしまいますので、
ハイローオーストラリアと同じようにはいきません。

今日の試験での資金管理については、
基本的に100万円に対して1万円の賭け金とし、
100万円増えるごとに複利運用のように1万円ずつ賭け金UPしていきました。

ハイローオーストラリア複利運用

途中には、「最大で何万円まで一度で賭けれるのだろう」
試したこともあり、資金が急激に増加する瞬間もありましたが、
(私が確認したところ、最大20万円まででした)
基本は資金の1%をコツコツと健全に賭け続けていた結果、

午前中の数時間で273万円も増えた(デモで残念)ということは、
やはりリターン率だけなら全ての金融商品の中でもトップでしょう。

ただ、

この結果が、仮にデモではなく、
実際に資金を入れての本番だったとしても、

実際に373万4000円を問題なく出金できただろうか…。

という懸念が残ります。

ハイローオーストラリアは、その仕組み上、
きっと顧客資金をそのまま呑んでいるため、

顧客の利益は、そっくりそのままハイローオーストラリアの損失となります。

ハイローオーストラリアにとって、数万円、数十万円の損失は
その後の顧客の追加入金を期待してもらえるによって
問題なく対応してもらえるかもしれませんが、

ハイローオーストラリアにとっての273万円の損失が
最初から発生するというのは、さすがに大きいと思います。

つまり、出金拒否が最も大きな心配です。

さすがに「あなたは勝ちすぎたから出金拒否します」とは
言ってこないでしょうが、

  • 「システムエラーが確認されたので保留します」
  • 「サーバーに負荷のかかる短期トレードが検出されました」
  • 「エラーにより提示価格との相違がありました」
  • 「不正行為が確認されました。内容はお伝えできません」

など、いくらでも言い逃れはできそうです。

「100万円くらい、還ってこなくても問題ない、
とにかく、実際にお金を入れて試してみよう」

と、私がそのくらい ゆとりがあれば良いのですが、
今の段階ではまだまだ100万円も大きいですし、

数万円や数十万円で試してみたとしても、
それ以上の金額での運用のための安心や保障にはなりません。

そこで、

今考えていることが以下の2つ。

  1. 数万円程度のお金を実際に入れてみて、そこから数十倍に増やしてみる。
  2. 直接、ハイローオーストラリアに出金拒否の可能性があるか聞いてみる。

・・・あとは、出金拒否のこと以外にも、
口座凍結レート操作約定操作など、
様々なことを予め注意しておかなければいけませんね。

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションには、
ここまで考えても時間が惜しくないほど
大きな魅力があることは確かです。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ