FXで生活できるようになった私の経緯

私は現在、FXのシステムトレードで生活しています。

運用しているFX口座は3つありますが、その内1つをメイン口座として200万円から生活費及び資産形成のために運用しています。

稼働させているEA(FX自動売買システム)は、全部で11個。
(※最新では15個のEAを稼働させています)

この11個のEAで構成されたポートフォリオは、分析上、月利30%のパフォーマンスを期待できますので、毎月利益の2分の1を生活費のために出金し、残りを複利運用することで本気で3億円の資産形成を目指しています。

11のEAポートフォリオ

2018年から、

  • 「多くの人に資金200万円から本気で3億円の構築している様子を見てもらいたい」
  • 「多くの人にありのままをブログで公開することにより、自分の責任感を高めたい」
  • 「同様の目標を持っている人たちと、切磋琢磨したい」
  • 「私の“師匠”と同じような志を持ちたい」

という目的でこのブログを始めましたが、私のブログ運営ポリシー上、アフィリエイトや商品販売等は一切行っていません(行う予定もありません)ので、完全にEAでのFX運用のみからの収入での生活です。

昔から「自由な時間を得て、自由な生活を送りたい」という願望があったため、その1つの目標を実現できていることで、「本音の生き方」ができるようになりました。

  • やりたくない仕事は一切やらない
  • 誰かが喜ぶためのことを真剣に考える
  • 子どもが振り替え休日等で平日休みのときには、一緒に遊びに出かける
  • 子どもと同じ期間、長期休暇をとる
  • 毎朝・毎晩、家族そろって御飯を食べる

・・・このように、今でこそ自由な生活を送ることが出来るようになりましたが、これまでの道は、決して楽ではありませんでした。

相場での数々の大失敗

私が自由な生活を送ることが出来るようになるまでには、もちろん、相場での大失敗は何度も経験し、そのたびに「自分には相場は向いていない」と、挫折と絶望を繰り返していました。

株取引では、多くの銘柄を持ちすぎて管理できなくなるし、
銘柄が限られている商品取引では、どうしても強いトレンドにも逆らいたくなるし、
FX取引(裁量トレード)では24時間値動きが気になってしまうし、

・・・

でも、やっぱり私は、何故か相場が好きだし、
相場には多くの自由の可能性を秘めていることを感じていたので、
「どうにか相場で勝てるようになれないか」と、毎日考え続けていました。

そして、ついに目を付けたのがシステムトレード

中でも、EAを利用したFXの自動売買です。

EAによるシステムトレードであれば・・・

  • 株みたく、多くの銘柄が気になることはありません
  • 感情に負けた下手な売買による事故を防ぐことができます
  • 自動売買なので、完全に自由な時間を得られます
  • 明確なパフォーマンス分析が出来るので、根拠を持った運用ができます
  • 裁量技術と違い、優位性のある売買方法を正確に伝えることが出来ます
  • 運用金額が大きくなっても、メンタルの変化が売買に影響しません

・・・このような特徴は、私にピッタリだと思いました。

そこで、2014年から本格的にEA開発を行い始めました。

2014年から本格的にEA開発を開始。しかし…

EA開発を始めて、一番最初にプログラムしたのは、
確か「移動平均線のゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売り」。

……これは、どの相場の教科書にも載っているほど王道であるため、
正しく機械的に売買を繰り返せば、そこそこ相場で勝てると思っていました。

……しかし、バックテスト結果は……ビックリするほど負けるシステムでした。

右肩下がりのバックテスト結果

その他、一般的に「勝てる売買法」といわれるものは、全てEA化し、
パフォーマンス分析を行っていましたが、全てが負けるシステムでした。

移動平均線のゴールデンクロスでの買いもダメ
逆に、移動平均線のデッドクロスでの買いもダメ
RSI30以下で買いもダメ
逆にRSI30以下で売りもダメ
・・・その他、様々なテクニカル指標を組み合わせても、
時間軸を変えても、本当に何をしても「勝てるシステム」自体を作ることはできませんでした。

何度もEAをプログラムしてパフォーマンス分析をしてみては、
必ず、右肩下がりのテスト結果。

その間、作ったEAの数としては、おそらく2000個を超えていると思います。

・・・そんな日が何年か続いた後、
ようやく私も「勝てるシステム」を作れるようになってきました・・・が、

これは、あくまでもバックテスト上の話。

実際にリアルのお金で稼働させてみると、
バックテストのようにお金が増えていかない…。
(むしろ、実運用ではお金が減る一方でした)

この経験は、相場で大きな損失を出したとき以上の絶望感でした。

なぜなら、

「そもそも、実際に勝てるシステムなんて存在するの?」
「そもそも、相場で勝ち続けることなんて出来るものなの?」

と思ってしまったからです。

でも、その後も、やっぱり諦めきれず、
一から相場を勉強し直しました。

ある1つの相場現象を知る

何週間か一から相場を勉強を続けたところ、
そのとき初めて知った言葉がありました。

それが、ショートカバー

ショートカバーとは、基本的に売り手のポジション決済(買い戻し)を言い、相場が一時的に上昇する要因の一つです。

このショートカバーの現象を深く学び、
多くの市場参加者が下落を見込んで売りポジションに傾き過ぎた際、
その時にはそれ以上 新規に売りを入れる人がいなくなり、
新規の買い勢力が現れなくとも、売り手の買い戻し(ショートカバー)によって
物理的に相場が上昇するという特性があるということを理解しました。

そこで、このショートカバーを利用した売買手法を徹底的に研究しEA化。

この作成したショートカバー狙いのEAのパフォーマンス分析を行ってみると、凄まじく安定して利益が上がるシステムだというテスト結果が得られました。

もちろん、この時点では以前の「バックテストが良くても、リアル運用結果は良くない」という経験がありましたので、すぐには喜ぶことが出来なかったのですが、

実際にお金を入れて実稼働してみると、
なんと、過去のバックテストと同じように
実際の資金も安定して増えていくのです。

ICHINO_EAの完成

ショートカバー狙いEAの試作が
リアルの運用でも しっかりと利益が上がることを確認できたことから、
今度はEAの精度を高めるために、試行錯誤しました。

「EAの精度を高める」ということは、
一歩間違えれば過剰最適化に陥ってしまうので、
そうなれば、また「バックテストが良くても、リアル運用結果は良くない」という事態になってしまうかもしれません。

そこで、「これはイケる!」と感じた「ショートカバー狙い」のEAを複数用意し、同時にリアルのお金を運用した経過の分析も行いました。

・・・このとき実運用テストしたEAは、全てリアル運用でも利益が出ることが分かりましたが、その中でも、最も安定度の高いEAを実稼働用として採用することにしました。

このEAが、今でも毎月のように安定して利益を生み出してくれているICHINO_EAです。

ICHINO_EAのパフォーマンス

ICHINO_EAの唯一の弱点

ICHINO_EAは、ショートカバー狙いで「物理的に相場から利益を獲る」ことができる一生モノのEA。私がこれまで作成してきた数千のEAの中で最高傑作です。

最大ドローダウンが小さいために、レバレッジを上げてもリスクが小さくて済みますし、相場の波に乗るというよりかは「相場の中に落ちているお金を拾う」イメージの手法ですので、ほぼ毎月の勝ちを計算することができます。

しかし、ICHINO_EAには、唯一の弱点があります。

それは、月利が低いことです。

ICHINO_EAは、売買回数も多く、勝率も高く、リスクが小さいので資金効率も上げることが出来るのですが、「ショートカバー狙い」という特性上、大きな利幅を狙うことはありません。

そのため、適正なレバレッジの上では、月利が5%を超えることは難しいのです。

とはいえ、月利5%未満であっても、年利で考えると30%以上は狙えます。
以前の私から比べると、相場で勝ち続けられるようになっただけ大進歩でしょう。

ですが、私には「相場だけで生活できるようになりたい」という強い願望を持っていました。

この目標に照らすと、その時の資金力では、
年利30%程度ですと目標実現までに何年もかかってしまう計算になります。

・・・この問題についても、いろいろと悩みました。

  • ICHINO_EAをさらにパフォーマンスアップすることができるかどうか
  • レバレッジを引き上げても安全は確保されるだろうか
  • ショートカバーとはまた違うEAを一から作れるだろうか
  • インターネット上に出回っているEAも採用して問題無いだろうか

・・・そして、この問題を解決に導いてくれたのが、
私のシステムトレードの師匠、GINZO_Systemの開発者である岩井銀蔵さんです。

システムトレードの師匠との巡り合い

「ICHINO_EAだけでは月利が低い」…この問題に頭を悩ませていたところ、
たまたま、「既に何年もEAで生活している人のブログ」を発見しました。

インターネット上では間違っていたりウソを発信したりしている人も多いのですが…、
このブログを見た時、「あ、この人は本物だ」と直感で分かりました。

そして、私はダメ元で、
岩井銀蔵さんに「ICHINO_EAのプログラムコード」を同封して、
メールで問題について相談してみました。

すると後日・・・、

「よろしければ、わたしのEAを参考にしてみて下さい。
 そして、もし、ご希望であれば、ご自由に使って下さい」

と、ご自身が使っているEAが添付された返信が届いたのです。

(これが、今も私の生活を支えてくれているGINZO_systemです)

・・・残念ながら、まだ実際にお会いしたことは無いですが、
このときから、私は岩井銀蔵さんのことを“師匠”と呼ぶことにしました。

専業トレーダーとして独立

“師匠”から頂いた6つのEA(GINZO_System)は、
“師匠”自身がブログで公開している通り、
本当に平均月利15%のシステムであることが分かりました。

(岩井銀蔵師匠のブログ→ http://blog.iwai-ginzo.net/ )

このGINZO_Systemと、私の自作EAであるICHINO_EAを組み合わせると、
およそ月利は18~20%となります。

GINZO_System + ICHINO_EAグラフ

「月利がこれだけ安定してあれば、十分に一生生活できるだろう」と考え、
2017年には「GINZO_System + ICHINO_EA」のリアル運用で
ポートフォリオの有効性を再確認しながら資金を蓄え、

2018年、ようやく念願の専業システムトレーダーとなることができました。

その後・・・

“師匠”のおかげで専業システムトレーダーとなることができ、
1つの自由を手に入れることが出来た私は、

「師匠のように、自由かつ充実した毎日を送りたい」
「師匠のように、ブログを通じて、人が喜ぶことがしたい」
「師匠のように、自分の経験や記録を後世に遺したい」

・・・との考えが強まり、今こうしてブログを構築しています。

現在、私は、「世の中には、本当に優れた売買システムが存在する」
ということを身にしみて感じましたので、

私のこれまでのEA分析の経験を活かして、
「これは本物」と判断できる市販のEAも
「GINZO_System + ICHINO_EA」のポートフォリオに組み合わせ、

本気で3億円の資産形成を目指しております。

この資産形成過程やEA分析結果を発信したり、
ご希望の方にICHINO_EAを無料提供したりすることで、

私自身のように、「夢が1つ叶った」という人が現れましたら、とても嬉しいです。