FX業者をTradeview(トレードビュー)にして正解だった。

昨日は2018年6月度の「私のEAポートフォリオ」によるFXシステムトレードの収支を集計しました。

結果は、5万1000円のプラス

当月は、「初回のEA設定ミス」によって20万円の損失を計上した状態からのスタートでしたが、25万円の利益となり、ミスの損失分を差し引いても+5万1000円となったことは、やはり、最適なポートフォリオの高い有効性を改めて確認できます。

さて、これに伴い、今月も私のリアル運用口座「Tradeview(トレードビュー)」から出金処理を行いました。

私は、専業システムトレーダーとしてEAによる運用益で生活しているので、そのための報酬を引き出すために、以下の通り出金におけるマイルールを設けています。

  1. 生活のための利益出金は、基本的に毎月1~5日とする
  2. 収支マイナスとなった月は出金せず、現金預金で補う
  3. 報酬を引き出すための出金額は、前月利益の1/2とする

「私のEAポートフォリオ」は、これまでの実績上および分析上、平均すると月利30%の力があるので、毎月の報酬を15%引き出すと同時に、口座残高を15%ずつ増やしていくことができます。

そのため、「リアル運用口座公開」をキッカケに改めて資金200万円から運用を始めたので、平均通りであれば、

現在のところは、200万円に対して

  • 月15万円の報酬
  • 月15万円の口座残高増

という計算が成り立ちます。

(ここ1~2ヶ月は、いつも通り月間収支プラスであるものの、報酬は少ない状態ですが…)

以上の出金ルールに基づき、
前月の利益は5万1000円ということから、
「5万1000円÷2≒約2万5000円」ということで、

Tradeview(トレードビュー)より、2万5000円を出金しました。

出金処理

この出金処理は、昨日行ったのですが、
既に、昨日中に処理が完了されました。

Tradeviewは、とにかく「対応が丁寧で早い!」

処理は昨日の14時30分頃に行ったのに、
3時間後の17時半頃に着金です。

出金完了

このように、毎月のように利益を出金していると、
(リアル運用口座公開前からも同じ出金ルールで出金してきています)

つくづく、
「FX業者をTradeviewにして正解だった」
「GINZO_Systemと巡り合えて本当にありがたい」
と感じます。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ