FX業者をTradeview(トレードビュー)にして正解だった。

昨日は2018年6月度の「私のEAポートフォリオ」によるFXシステムトレードの収支を集計しました。

結果は、5万1000円のプラス

当月は、「初回のEA設定ミス」によって20万円の損失を計上した状態からのスタートでしたが、25万円の利益となり、ミスの損失分を差し引いても+5万1000円となったことは、やはり、最適なポートフォリオの高い有効性を改めて確認できます。

さて、これに伴い、今月も私のリアル運用口座「Tradeview(トレードビュー)」から出金処理を行いました。

私は、専業システムトレーダーとしてEAによる運用益で生活しているので、そのための報酬を引き出すために、以下の通り出金におけるマイルールを設けています。

  1. 生活のための利益出金は、基本的に毎月1~5日とする
  2. 収支マイナスとなった月は出金せず、現金預金で補う
  3. 報酬を引き出すための出金額は、前月利益の1/2とする

「私のEAポートフォリオ」は、これまでの実績上および分析上、平均すると月利30%の力があるので、毎月の報酬を15%引き出すと同時に、口座残高を15%ずつ増やしていくことができます。

そのため、「リアル運用口座公開」をキッカケに改めて資金200万円から運用を始めたので、平均通りであれば、

現在のところは、200万円に対して

  • 月15万円の報酬
  • 月15万円の口座残高増

という計算が成り立ちます。

(ここ1~2ヶ月は、いつも通り月間収支プラスであるものの、報酬は少ない状態ですが…)

以上の出金ルールに基づき、
前月の利益は5万1000円ということから、
「5万1000円÷2≒約2万5000円」ということで、

Tradeview(トレードビュー)より、2万5000円を出金しました。

出金処理

この出金処理は、昨日行ったのですが、
既に、昨日中に処理が完了されました。

Tradeviewは、とにかく「対応が丁寧で早い!」

処理は昨日の14時30分頃に行ったのに、
3時間後の17時半頃に着金です。

出金完了

このように、毎月のように利益を出金していると、
(リアル運用口座公開前からも同じ出金ルールで出金してきています)

つくづく、
「FX業者をTradeviewにして正解だった」
「GINZO_Systemと巡り合えて本当にありがたい」
と感じます。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

7件のコメント

  • ふく

    はじめまして。

    報酬の部分の計算は記述されている内容で正しいのでしょうか。

    こちらの勘違いであれば申し訳ありません。

    • ICHINO

      コメントありがとうございます。
      報酬計算…たぶん合っていると思いますが(約5万円÷2=2万5000円)…。
      ご指摘があれば宜しくお願いします(^m^)

      • ふく

        ごめんなさい。僕のただの勘違いでした。ご迷惑お掛けして申し訳ありません。

  • xza

    ICHINOさんは、GINZO_Systemを月曜日から金曜日までフル起動させているのでしょうか?
    金曜日になったら、システムを停止させたりはしないのでしょうか?
    (土曜&日曜にポジションを持ち越ししないために)

    • ICHINO

      はい、GINZO_Systemもフル稼働ですし、その他市販のEAも全部フル稼働です。
      基本的に、停止したり再起動したりは全くしていません。
      たま~に、ちょっと再起動しておこうかなって時に、気分でやっています。
      (一応、これまでずっとそれで上手くいっています)
      ポジション持ち越しも全く気にしていません^^;

  • Mickey

    はじめまして。興味深く読ませていただきました。お分かりになる反にで教えていtだきたいのですが、EAは利用者が多くなると、そのポジションを狙って機関投資家が刈るようなことがないでしょうか?銀蔵様の収益が5,6月とよくなかったのはそのような影響はないでしょうか?

    • ICHINO

      コメントありがとうございます。
      機関投資家の詳細な行動は把握できませんが、「EA利用者をターゲットとしたトレード」は考えにくいかな?と思います。
      もし、これが行われているとすれば、「最も利用者の多いEA」がターゲットとされているはずであり、また、市販EAでいうならば、「最も売れているEA」が真っ先に使えなくなるはずです。
      しかし、現状は、そのようなことを感じることはありませんので・・・。

      ただ、一部の組織によってか、“短期スパン”でみると「一部にとって意図されたチャート」になることがしばしば見受けられます。
      例えるなら仕手のような感じ。

      このようなことは、年に何回か起こっているような気がしていますが、
      このようなことが起こった際には、基本、EAそのものが弱いです。

      そして、最近は、たまたま特にGINZO_Systemが通常利益の邪魔をされているのかなと思っています。

      でも、そのようなことが起こることは、その背景を考えると、長く続くわけがありませんし、
      実際にこれまでも長く続いたことは一度もありません(資金量上、あり得ません)

      仮に、裁量トレードであれば、そのようなことが起こっている匂いを察知して対応するものと思っていますが、
      システムトレードの場合は、結局は期待値がプラスになることを続けるだけですから、
      一時の「一部の組織の行動」や一時の「利益減」などは気にする必要は無いかと思っています。

コメントを残す