本日、違うEA同士で2度目の両建て…でも、勝っている

本日の午前中、GINZO_SystemとInstaFXで、それぞれEURUSDのロングとショートを持ち、口座単位で両建てとなっていました。

午前の時点では、片方が利益が出ている状態での両建てとなっていたので、上に行っても下に行ってもどちらでも利益が確保される状態だったのですが、午後に入り、GINZO_Systemの方が1万1000円の利益確定。

これにより、InstaFXがショート片張りとなりました。

そのGINZO_Systemで利益確定後、現在は、EURUSDが僅かに下がってきており、InstaFXの方も現在含み益となっています。

・・・このように、違うEA同士で逆のポジションを持つことは頻繁には無いのですが、
本日は立て続けに、それが起こっています。

両建て

現在、今後は、「一本勝ちEA」と「Flashes for USD」で同一通貨ペアの逆ポジション保有中。

ここでも、利益が出ている状態で両建てとなっているので、上昇しても下落してもどちらでもOK・・・と書いているうちに、「Flashes for USD」が決済されました…。

今決済された

決済画面

「両建て」とは、同じ通貨ペアを買いポジションと売りポジションを同時に持つことですので、これだけ考えれば、「両方のポジションを決済すること」と同じであり、「手数料の無駄」というイメージもあるかもしれませんが、

「エントリーよりも決済タイミングを重視する」という視点では、有効な手法かもしれません。実際に、本日の2回の両建てでは、全て「上手なエントリー」とは言えないものの「全て上手なエグジット」と言えると思います。

 

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ