私と同じEA生活の構築方法

私は現在、専業のEAシステムトレーダーとして、毎月の収益源を全てEAによる運用益で生活しています。

私のEAポートフォリオは、分析上、月利30%のパフォーマンスを期待できますので、毎日自由な時間の過ごし方をしながら、毎月利益の2分の1を生活費のために出金し、残りを複利運用することで本気で3億円の資産形成を目指しています。

このように、今でこそEA生活が成り立っていますが、
FXで生活できるようになった私の経緯」でお話ししている通り、

以前は、EAのみで生活していくために 、
私が開発に成功したEA(ICHINO_EA)だけでは どうしても利益率が足りなくて困っていた頃、たまたま知った「既に何年もEAで生活している人」のブログを通じて連絡をとらせてもらったところ、

その人自身が10年以上も生活のために使っているEA自体を
タダで頂くことが出来たことがキッカケで、今の私があります。

全ては、私のシステムトレードの師匠である岩井銀蔵さんのおかげなのです。

ですから、ここでは、“師匠”への憧れの気持ちと、
「私も師匠のように誰かの役に立ちたい」という気持ちから、

私と同じEA生活を構築するための具体的方法をお伝えします。

このページの通りに、最低限必要なことを完了すれば、
多くの人が、私と同じく「EAの運用益だけで生活」出来るようになると思います。

また、仮に、運用資金が今は10万円程度しか用意できなかったとしても、
2~3年後には1000万円以上の資産が形成されると思います。

  1. GINZO_Systemと解説書の無料入手
  2. EAの稼働準備
  3. ALYSの無料入手
  4. ICHINO_EAの無料入手
  5. 4つの市販EAの入手(飛ばしてもOK)
  6. EAの稼働開始

このステップを全て完了すれば、完全に私と同じ環境(EAだけで生活できる状態)になります。
(※ステップ4の「4つの市販EAの入手」は有料ですので、行わなくとも問題ありません)

ステップの中で難しいことは一切なく、
簡単に1~2日程度で全て完了できますので、是非、そのまま実行してみて下さい。

ステップ1 GINZO_Systemと解説書の無料入手

まず初めに、私の最高傑作であるICHINO_EAを入手して頂きたいところなのですが……、
私の師匠のブログから無料でダウンロードできるGINZO_Systemには、
「とても丁寧で分かりやすい解説書」が付属されています。

この「解説書」では、EA設定方法などだけでなく、
システムの起動方法からEAインストール方法、
そして「注意すべきFX業者やその根拠」など、
EAで生活するために必要な内容が全て書かれていますので、

1番最初は「GINZO_Systemと解説書の無料入手」が必須といえます。

GINZO_Systemと解説書は、
「システムトレーダー岩井銀蔵の超FXブログ」にアクセスし、
一番下までスクロールして、
必要事項を送信することで無料入手することができます。超FXブログ

ステップ2 EAの稼働準備

“師匠”のブログのフォームから必要事項を送信しましたら、
すぐに「GINZO_Systemと解説書」がメールで届くはずです。

これがメールで届きましたら、
「解説書PDF」の通りにEAの稼働準備を完了して下さい。

これも とても簡単で即日完了できるはずです。

稼働準備PDF

ステップ3 ALYSの無料入手

GINZO_Systemと同じく必須といえるALYSは、ALPの最も賢い資金活用法「研究レポート」にアクセスし、「システムダウンロード」のページを開きますと、ダウンロード用フォームが表示されますので、そのフォームに必要事項を入力の上で送信すると、すぐにALYSを無料で受け取ることができます。

ALYSダウンロード

ALYSにも「利用方法PDF」が付属されていますので、
その手順に従って準備を進めることによって、
簡単に利用開始することができます。

ステップ4 ICHINO_EAの無料入手

「解説書PDF」の通りにEAの稼働準備が完了すれば、
あとはいつでも「EA」さえあれば、運用が出来る状態になっているはずです。

また、EAシステムトレードで一生 生活していくための最低限必要な知識も
十分に備わっているはずです。

そうなれば、あとは「私が使っているEAを入手するだけ」。

私の自作EA「ICHINO_EA」は、
この「ICHINO_EAの無料ダウンロード」ページからステップに沿って入手して下さい。

ダウンロードページ

ステップ5 4つの市販EAの入手(飛ばしてもOK)

「ICHINO_EA」の無料ダウンロードが完了しましたら、
実は、この時点で「EAの運用益だけで生活」できる準備は整ったと言えます。

既に11個のEA・・・

  • GINZO_System_USDJPY
  • GINZO_System_EURUSD
  • GINZO_System_EURJPY
  • GINZO_System_GBPUSD
  • GINZO_System_A
  • GINZO_System_B
  • ICHONO_EA
  • ALYS_USDJPY-M1
  • ALYS_EURUSD-M1
  • ALYS_GBPUSD-M1
  • ALYS_GBPAUD-M1

を入手されているはずですので、あとはこれらを稼働ONするだけで、
超強力なALYSが加わっている分、
2017年までの私よりも有利な状態となります。

実際に私が経験してきた通り、
この状態でも十分に「EAの運用益だけで生活」できるはずですので、
市販のEAの追加は、お金の余裕がある場合に検討してみて下さい。

私が使っている“市販”EA(2018年以降)は、

  1. Flashes for USDJPY
  2. 一本勝ちEA
  3. InstaFX
  4. 利大損小百花繚乱EURUSD

の4つです。
(※私のブログ運営ポリシー上、アフィリエイトタグは仕込まれていません。直リンクです。)

この4つを加えて11個のEAポートフォリオと
ALYSのEAポートフォリオの2つを組めば、
完全に私と同じ状態となります。

ステップ6 EAの稼働開始

「ステップ3」または「ステップ4」まで完了すれば、
あとはMT4の自動売買ボタンを「ON」にするだけ。

これで「私と同じEA生活のための構築」が完了です。
マイ画面

稼働開始した後は、何もせず、運用状況を見守っていきましょう。

システムトレードを始めて間もない頃は、
一時的に損失が出た際には不安になってしまうかもしれません。
また、大きな利益が出た時は大喜びをされるかもしれません。

でも、私のEAポートフォリオは、
3回中2回の確率で勝てるジャンケンと同じですので、
(一般的通常の確率は2回中1回)

プラスの期待値を味方につけたトータルの損益が全てです。

また、私のEAポートフォリオであれば、
通常は「毎月」利益を得られるはずですが、

月トータルで負けてしまうケースもあります。
さらにはその負けが連続する確率も0ではありません。

しかし、長く続ければ続けるほど、お金は大きく膨らむようになっていますので、
常にシステムを信じ続けることが重要です。