私の「2つ目のEAポートフォリオ」ALYSは、今日も利益確定。

2018年9月14日現在のリアル運用口座状況です。

昨日は、私の「2つ目のポートフォリオ」として採用したALP開発のEAポートフォリオ『ALYS』についてお話しをさせていただきました。

長らく、この情報を待ち望んでいた方も多いようで、早速この新ポートフォリオを追加された方にとっては、思っていたよりも早く利益が上がったことと思います。

昨日から現在にかけての最新では、ALYS_GBPAUDとALYS_EURUSDの2つがエントリーされ、両方とも既に利益が確定されています。

今回は比較的小さな利益ではありますし、先日のように比較的大きめの損失も発生することもありますが、トータルでは着々と利益が積み上がっています。

ALPの利益

また、ストップロスが最大で50pipsに設定されているので、ドカンと致命的な損失が発生するようなこともまず考えられません

基本的に、ほぼ毎日利益が積み上がり、
たまに損失が発生しても、すぐにまた利益に転じるという流れです。

この私の「2つ目のEAポートフォリオ」ALYSの詳細については、昨日のブログ記事ALYS詳細ページも参考にしてみて下さい。

従来から運用している「1つ目のポートフォリオ」についても、昨日もまた利益を更新してくれました。

GINZOEURUSD

昨日の動画撮影中に保有していたGINZO_System_EURUSDのポジションは、無事に利益が確定。

その後、InstaFXによって損失を出してしまいましたが、最近不調気味だった利大損小百花繚乱EURUSDが頑張ってくれて、結果、1日で約2%のプラスとなりました。

この「1日の利益率約2%」は、これまでトータルで考えたときの ごく平均的な数値

ここ最近は平均を下回る利益率が続いていますが、
9月の半ばになり、ようやく いつも通りの力が見えてきたような気がしています。

ところで、

InstaFXに関してですが、先日、開発者のAlexaさんより、新EA「InstaFX-Rainmaker」の発表がありました。

これは、InstaFX購入者限定の先行通知ですので、現在この情報を確認できるのは一部の人に限られてはいますが…、このInstaFX-Rainmaker…GBPJPY用とのことですので、注意が必要かもしれません。

GBPJPYは、基本的にボラティリティが高く、良い時には大きく利益が上がりやすいのですが、ヤンチャな値動きをしやすいので、一定のロジックが通用しづらいため、GBPJPYは、システムトレードでは非常に難しい通貨ペアなのです。

私が「1つ目のEAポートフォリオ」に組み入れて愛用している「Flashes for USDJPY」の開発者TraderK(Kaibe) さんも、GBPJPY用のEAも販売されているのですが、「Flashes for USDJPY」も「Flashes for EURUSD」も機能している一方で、唯一GBPJPY用の「Flashes for GBPJPY」だけは、以下の通り、どうしても機能しづらいようです。

Flashes for GBPJPY

とはいえ、このようにシステムトレードでは難易度の高いGBPJPYを、AlexaさんのInstaFX-Rainmakerによって攻略することができれば、さらにEAポートフォリオの深みが増すと思いますので、近々、詳しくEA分析を行ってみようと考えています。

なお、「このEAも詳しく分析してほしい」というEAがありましたら、是非、コメント下さい。

実行の約束はできませんが、真剣に検討させていただきます。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ