市販EAの「InstaFX」と「Flashes for USDJPY」が!…あちゃ~

2018年から専業トレーダーとして生活をするようになり、
お出かけは土日や祝日よりも、基本的に混雑しない「平日」に主にするようになりました。

私の趣味の1つに「温泉巡り」があるのですが…、
先週は1週間まるごと温泉三昧。

千葉県館山の方に週初めから数日間滞在し、「湯治」をしてきました。

平日に行動すると、道路も空いているし、お店も空いている。

人ゴミに対するストレスを感じること無く、
純粋にお出かけを楽しむことができる。

・・・これは、「専業EAトレーダー」の特権だろうと感じます。

さて、そのため、
約1週間ぶりの投稿となってしまいましたが・・・

2018年6月18日現在のTradeviewリアル口座状況。

1週間前はとても良い状況だったのですが、
現在の残高は、約186万円。

GINZO_Systemにて
EURUSDとGBPUSDの
買いポジションを保有中です。
(今はマイナスになっていますね)

前月に出金した9万9500円を差し引くと、

先月の「リアル口座公開」開始時からの収支が
ほぼトントンになってしまいました。

つまり、約1ヶ月間は、
勝ってもないし負けてもない状態です。

一時は今月も月利10~20%以上のペースだったのですが、

以下の2つの市販EAで大きなドローダウンが起きてしまい、

今月6月の利益を吐き出してしまいました。

  1. InstaFX
  2. Flashes for USDJPY

もちろん、この2つのEAが悪いわけではなく、
たまたま定期的に訪れるドローダウンが今月に起こり、

さらに、そのドローダウンが
2つの市販EAで重なってしまっただけなのですが・・・

これで、ここ1週間で約15万円の損失となってしまったことは、
正直、ちょっと残念です。

しかし、これは、EAそれぞれがお互いさま。

今回のように、

  1. InstaFX
  2. Flashes for USDJPY

が大きな損失を出した時には、

  1. GINZO_System
  2. 利大損小百花繚乱EURUSD
  3. 一本勝ちEA

などが利益を出してカバーしてくれているように、

その逆に、これらが損失を出した時には、
InstaFXやFlashes for USDJPYが助けてくれるときがあります。

このようにして、

お互い損失をカバーし合いながら、
「全体のトータル利益」を積み重ねていくことが、
EAポートフォリオ運用です。

・・・ところで、先日6月11日に
「GBPUSDがこれから上がるか下がるかのちょうど境目にある」というお話をしていました。

その時点のGBPUSDは、長めの下落トレンドを続けた後に戻りを見せたが、1.347あたりのレジスタンスラインにたたかれ、1.34前半で揉み合っているところでしたが、

通常の確率通り、
そのレジスタンスラインを境に
大きく下がる展開となりました。

今回は、とても利益を上げやすい局面でしたね。

・・・ただ、このように4時間足レベルで
売買のチャンスと遭遇しても、

私は「システムトレード専門」ですので、
裁量でトレードを行うことはありません。

裁量トレードも行ってしまうと、
「EAによって持ったポジションを意識」してしまい、
正常な判断が出来なくなってしまうことがありますので…。

・・・

今回のように、
お出かけなどによって、投稿の間隔が何日も空いてしまうこともあると思いますが、

「実際に200万円が3億円になるまで」今後もリアル運用状況を
公開していきますので、応援宜しくお願いします。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す