Tradeviewリアル口座によるEA運用…順調に資金増を更新中(現在残高202万円)

2018年6月11日のリアル運用口座状況です。

2018年5月15日にTradeviewリアル口座に195万円を入金し、翌月6月4日に99500円を出金。
(毎月、前月利益の半分を出金するというルール)

現在の残高は、202万5887円となっています。

これは、先月5月15日の公開スタートから、
1ヶ月弱で17万2387円の利益が上がっていることを示します。

1ヶ月弱で17万円の利益というと…
月利は約8.5%。

私のEAポートフォリオは、口座公開前からの実績および、分析上、標準の月利は30%くらいですので、現在はまだまだ「低い利益率」の時期にあると言えます。

ところで、

先週の後半までは、EURUSDを中心に、
「わざとらしい投機」による売買が入ったような動きを見せ、

市販EAが その動きに巻き込まれたり、
GINZO_Systemがその損失をカバーしたりと、
「資金が増えも減りもせず」という状態でしたが、

金曜日の早朝から、その流れが変わり、

GINZO_Systemが全体の利益をリードし、
(私の自作EAも全体の利益に少し貢献…)

1日で10万円以上の利益が上がりました。

この背景としての「9連勝」は「ただの確率」ではありますが、「週単位」でみると「ようやくいつも通りのパフォーマンスになった」という印象です。

さて、

現在、個人的に値動きが気になっているのはGBPUSD。

本来「私のEAによる自動売買」には、
値動き等を気にする必要は一切ないのですが、

相場自体が好きなので、よくチャートも見ています。

GBPUSD・・・これが何故、今、注目しているかといいますと、
それは、GBPUSDがこれから上がるか下がるかのちょうど境目にあるからです。

現在、GBPUSDは、
長めの下落トレンドを続けた後に戻りを見せましたが、1.347あたりのレジスタンスラインにたたかれ、1.34前半で揉み合っているところです。

このまま下落トレンドの流れが変わらないのであれば、そのまま直近安値を割ることが多いのですが、

移動平均線との関係を見てみると、
短期線が中期線の上に乗り、
レートは、100本移動平均線の上に位置しています。

通常、長い下落の後は、一気に大きな反発上昇を見せることは少なく、
短期線・中期線・長期線をそれぞれ踏み固めた上で回復していきます。

現在は、中期線最後の砦である100本移動平均線が
踏み固められているところです。

この流れの上で この位置は、非常に「揉み合う」確率が高く、実際に現在 揉み合っている状況ですが、

これを上方にブレイクすると、大きな上昇となることが非常に多いのです。

・・・これは、「まだ下落トレンドが続く」と思っている人のストップロスを巻き込み、
さらには、ショートポジションを持っていた人の利益確定、また、代表的なレジスタンスラインを抜けたことによる、新規ロングエントリーなどが、合わさりやすい箇所だからと考えられます。

・・・

まぁ、このGBPUSDが上がろうとも下がろうとも、私のEAポートフォリオの運用益には直接的に関係無いのですが、
「4時間足レベルでの面白い場面」ということで注目しているだけです。

野球で言うと、3ボール2ストライクでフルカウントになった時の戦い
に近いイメージです。

実際に試合に出ていなくても、試合観賞も面白いように、
相場でも、自分が張っていなくても、「売り方と買い方の戦い」を観賞するのはなかなか面白いです。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す