ユーロドルに不審な動き!?2つの市販EAが巻き込まれました。


2018年6月8日11時現在のEAリアル運用口座状況です。

現在、以下のポジションが入っています。

  • 利大損小百花繚乱EURUSD EURUSD売り 約1ロット
  • GINZO_System_EURUSD EURUSD買い 約1ロット
  • 一本勝ちEA USDJPY売り 約1ロット

利大損小百花繚乱EURUSDは、昨日から持ち越し、一時は約4万円の含み損を抱え、ストップロスにかかりそうな状態でしたが、ギリギリ耐えた様子です。

ところで、この昨日のEURUSDの動き…

過去を振り返ったチャート上からは分かりずらいですが、
リアルタイムに値動きを見ていると、
とても不審な動きをしていたように感じました。

…これは感覚の話ですので、言葉では何とも表現しずらいのですが、

何と言いますか…、相場が「多くの市場参加者」によって作られているというより、
何か「1人」の売買によって、作られていた感じです。

まるで、「仕手株」の動き

これは、為替でも株式でも、決して珍しいことではないのですが、
昨日のEURUSDの動きに対しては、

  • レートを一部が意図的に釣り上げようとしている。
  • 売り抜けタイミングを見計らっている
  • 他の大口市場参加者は、この動きに異変を感じ売買に慎重になっている

・・・などが見受けられました。
(もちろん、個人的な感想です)

このような状態のときに、
EURUSDに対して、以下3つのEAが作動しました。

InstaFX、GINZO_System、利大損小百花繚乱EURUSD

InstaFXは、午前中に一度ロングポジションを持ち、
これは無事に利益確定をすることができたのですが、

午後にもう一度ロングポジションを持ったところ、
一時は含み益を得るも、最終的にはストップロスにかかり、
午前の利益を吐き出してしまいました。

GINZO_Systemは、InstaFXの逆のショートポジション。
一時は大きめの含み損をかかえるも、不審な動きを感じたのか、
早めに降りることで、見事に僅かな損失で逃げることが出来ました。

利大損小百花繚乱EURUSDは、先ほどお話しした通り、
一時は大きめの含み損をかかえるも、
何とかストップロスにかからずに耐え、
現在、小さめの含み損になっています。

このように、昨日から今日にかけて
EURUSDによって、掻きまわされましたが、

本日早朝からは、GINZO_Systemによって、損失をカバーすることができました

(GINZO_Systemの安定感は、やはり安心できます)

残高は、現在、約190万円。

昨日に比べると、僅かに減ってしまっていますが、
今回のように立て続けにEURUSDの値動きによるダメージを受けてしまっても、
僅かな損失で済んでいることは、良かったと思います。

約3週間前のリアル口座公開から、
本日時点までの損益は、約+4万5000円。

まだまだ「低い利益率」の時期は抜け出せていませんが、
今後に期待です。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す