「長期下落後の“典型的”相場パターン」で回復したリアル運用口座残高

2018年6月4日12時現在のリアル運用口座状況です。

先月の5月15日から資金195万円スタートで公開開始したリアル運用口座は、現在残高204万円となっています。

そのEAの内の1つ(基本的に毎月プラスになっているEA)が、「数年に1度のドローダウン」が発生したことによって、現在、大きめの含み損をかかえています。

このEAによって5月23日にUSDJPYのロングポジション(平均取得レート110.5くらいを2.1ロット分)を保有したまま、一時は残高170万円程度まで落ち込みましたが、

先日お話しした通り、雇用統計の日を境に109円台後半まで回復し、
残高も、現在、10万円弱増えている状況です。

現在のドル円の1時間足を見てみると、このとおり、
108円10銭あたりを底値に僅かに回復したあと、
108円40銭あたりに二番底をつけ、上昇方向に動いています。

このように、長めの下落の後、「今までと比較して大きめの戻し」が発生すると、トレンドラインで示している通り、段階的に加速して上昇するケースが多いです。

この「段階」は、多くは「三段階」起こります

このパターンから、今の流れで「もう1段階」加速して110円台に乗ることが考えられますが、

一方で、109円80銭あたりには、

  • 前回に戻した時の天井等からのレジスタンスライン
  • 日足レベルの20日移動平均線
  • フィボナッチでいう50%戻しライン

など、複数の抵抗線が合わさっているラインですので、

このあたりが目先の天井となる場合も十分に考えられます。

(私は、EAによる買いポジションを持っているので、この大きな抵抗線を上方ブレイクし、加速上昇することを願っています……)

とはいえ、
今日は6月4日ですので、このEAのロジック上、
何にしても今日の夜には決済されるはずですので、この不良玉とは「さよなら」です。

さて、現在までの資金推移は・・・

通常時と比べると不安定的でありますが、着々と資金が増えている様子です。

195万円スタートのリアル運用状況公開開始から約20日間経過し、ようやく残高が切の良い200万円台に乗ったことから、改めて、通常どおりの月利30%を重ねていきたいと思います。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す