米国雇用統計で「-34万円」のドル円の含み損 解消希望中

2018年6月1日8時30分現在のリアル口座状況です。

5/23から「EAの設定ミスによって間違って2倍のロット数で買いポジション」を持ってしまった2つのUSDJPYは、未だ大きな含み損を抱え中です。

このポジションは、基本的に1年の中で11カ月程度 月間収支プラスになっているEAなのですが、数年に一度、大きめのドローダウンを経験しています。

この「数年に一度のドローダウン」と「正規の2倍のロット設定(EA設定ミス)」が重なり、全体収支としても、マイナスの状況となっています。

この口座は、2018年5月15日に200万円から開始(ここでもミスで、正確には195万3000円の入金)した口座ですので、

本来ならば・・・

このEURUSDの売りポジションが入っているロット数と同じく、ただしくUSDJPYも正規のロット数ならば、34万円の含み損…ではなく、その半分の17万円程度の損失で済んでいるはずのため、有効証拠金は202万円程度。

すなわち、7万円弱のプラスになっていたはずです。
(202万-195万=7万)

・・・これも一つの大事な経験として、今後に活かします・・・

さて、現在そのドル円は、長らく揉み合い中となっています。

本日は「米国雇用統計」があるため、その結果を待っている状態でしょうか。

この雇用統計に反応し、ありがたく上にブレイクしてくれれば良いのですが・・・

現在は、109円あたりのレジスタンスラインをブレイクし、110円あたりまで回復してくれることを予測(願望)しています。

とはいえ、現在は「三角持ち合い」。

109円あたりで上値を抑えられ、雇用統計をきっかけに、再度108円50銭を割り込み、下落が加速することも十分に考えられます。

ただ、その場合でも、この不良玉は、EAによって、明日切られるはずですので、致命的な損失となることはないはずです。

2018年5月15日の新規口座の公開開始時から、現在までの資金推移は、資金の増減が粗めではありますが、「損益計算上」は、今月も右肩上がりとなっております(中身は大きな含み損を未だ抱えていますが…)

今日は6月1日。
リアル口座状況を公開し始めてから初めての月初めですので、切りよく今日からが本当の「月間成績公開開始スタート」ということで、「月利30%」といういつも通りの結果(成績公開前からの結果)となることを望んでいます。

この記事が少しでも「よかった」と思われたら、応援を頂ければ嬉しいです。
(以下のボタンのどれでもOKですので、クリックしてくれたら励みになります↓)

応援クリック  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

コメントを残す